君を忘れない。

 

近所にめちゃくちゃおいしいラーメン屋さんがあって、小さい頃からよく通っていた。

 

どこのラーメン屋よりも、そこが1番美味しいと思っていたんだけど、突然そのラーメン屋さんは閉店してしまって。16歳の夏だった。

わたしの地元から 遠く離れた町に移転したようだった。なにも告知せずにいなくなってしまうなんて。

 

甘くて、少しピリッとしていて、味の濃い味噌ラーメン。一口食べただけで、気持ちが柔らかくなる半熟の煮卵。

 

あの夏から、ずっとその面影を探している。

 

有名なラーメン屋にたくさん行った。

地元はラーメンで有名な土地だから、いわゆる美味しいラーメン屋はたくさんあった。バイト終わりに通うラーメン屋という存在もできた。

だけど、ラーメンを食べるたびに、いや、ラーメンという言葉を聞くたびに、あのラーメン屋さんを思い出してしまう。

 

他のラーメン屋に行っても、あの味噌ラーメンより美味しいかな?と思いながらラーメンを待ち、ああ、違ったなあと思いながら食べる。

どこに行っても、思い出の中のあの味には敵わない。

 

22の冬。せめて、地元を出る前に 遠いけれどもいちど移転先へ行っておこう、とアクセスを調べた。また閉店していた。もう二度とあの味噌ラーメンを味わえない。

 

最後にあの味噌ラーメンを食べたのは6年前。

時として、その輪郭がぼやける。

近所にラーメン屋さんがあったこと、小さい頃から通っていたこと、その味噌ラーメンが好きだったこと。確かにハッキリと覚えている。だけれども、人は忘れる生き物で、あんなに愛した味噌ラーメンの味が舌に蘇ってこないときがある。その度に、忘れるもんか、と必死に記憶の中の味噌ラーメンを探す。

 

 

 

フードエッセイストの平野紗季子さんが言っていた。(平野さんのpodcastがお気に入り)

食事とは再現性が低く、儚いもの。

美味しい美味しいってお腹いっぱい食べても、次の日にはちゃんとお腹が空いていて、なにもかも消化されている。悲しい。

 

 

確かに私はあの頃、味噌ラーメンをお腹いっぱいに食べて、明るく朝にはちゃんとお腹を空かせていた。味噌ラーメンを食べたことなんて、ただ過ぎたことになっていた。

だけど今の私は違う。ちゃんと味噌ラーメンを食べていた日々のことを大切に覚えているし、これからも忘れることなんてない。皮肉にも、その味はぼんやりしてしまうことがあるけれど。

私と私の家族は、あのラーメン屋さんの十数年という人生(ラーメン屋生?)の一部に居ただろうか?居ても居なくても、どちらでもいいけど。

 

ただ、私の人生はこれからも長く続く(予定)。

数十年も大好きなラーメン屋さんという存在を失った人生を過ごすのは少しつらい。もうそろそろ、次の運命のラーメン屋さんを見つけたい。あの頃の私とは違う。ちゃんと大事に食べるし、ちゃんと翌日も覚えているよ。だから早く会いにきてね。

 

0409

 

ニートじゃなくなったから、しばらく日記を書いていなかったなあ。

 

とりあえず、地元を出て1週間と5日、社会人になって9日が経った。今は意外と心穏やかに毎日を過ごしている。

 

 

家を出た朝。意外と寂しくないかも!と思ったけど、実はめちゃくちゃ寂しかったらしい。空港に向かう電車の中で窓の外に流れていく地元の景色を見ながらじわじわと涙が出てきたし、飛行機の中でも窓の外を見ながらぽろぽろ泣いた。知らないおじさんの隣で。ごめんね、おじさん。

 

駅のホームに、もう10年以上別居している父が見送りに来ていた。何を話せばいいのか分からなくて戸惑った。父と別居してから、上手く話せなくなった。お互い話し上手なタイプじゃないんだろう。お別れをして、乗り込んだ電車の中から見た父は、記憶の中の父と比べると随分小さくなっていた。

 

横浜についてからは疲労が寂しさを越えたのか、一人でぶつぶつ喋りながら部屋でゴロゴロしたり、とりあえずの生活用品を揃えたりして、わりとポジティブな気持ちになっていた。

だけど夜にデートしてた人から電話が来て、話してたら寂しくて寂しくてぽろぽろぽろぽろ泣いてしまった。でもたぶん向こうは気づいてない。わからない、気づいてたのかもしれない。

 

(ここ最近気がついたけど、どうやら寂しいスイッチが入るきっかけはデートしてた人らしい。なんでだろうね。)

 

入社式に横浜を離れてからは怒涛の日々で、寂しさも薄れて、割と楽しく暮らしてる。

同期も上司の方もみーーんな人当たりが良くて、今のところは超ホワイティ。教育担当の方なんて、小学校の先生くらい優しい。覚えることが多くても、昨日の自分より成長してたらそれでいいよ!って言ってくれる。こう頑張るといいよっていうのも伝えてくれるから、無理せず頑張りやすい。

前のバイトの考え方と色々通づるところが多くて、結構すんなり飲み込めてる。今のところ。

 

 

友達にもフォロワーにも新卒が多いけど、各々無理せず頑張ろね。や、頑張らなくていい。存在してればいい。無理せず存在しよね。

特に振り返ってません。

 

 

アーしばらく日記書いていなかった!!!!

こんなにニートなのにちゃんと12時ごろに眠たくなるから。

 

ここ最近は軽くまとめると、大好きな友達にたくさん会ってたくさんラブ......って思っていた日々でした。卒業式は出ずに友だちと3人で袴着て街中で写真撮ったり、温泉泊まったり、デートしたり、ご飯行ったり、超今さらあな番にハマったり。まあ何かあれば大体ツイートしてるからね。それ見ればわかるんだけどね。

今週はほぼほぼ外食で、お腹がブヨブヨになりました。人生でいちばん太ってるかもしれない。でもマスクしてるし、働いたら痩せるから良いんだ。

 

明日はついにお引っ越し。友達が先に引っ越してるから、なんとなく心強い。会うわけではないんだけど、近くにいるんだ〜って思うと寂しさが和らぐ。

 

愛着のある地元を出る実感も社会人になる実感もゼロだけど、こうやってぬるっと人生って変わっていくんだろうね。がんばらずにがんばろ〜

0302-0312

 

2日火曜日。

何もしていない。スマホを触って、藤井風さんの音楽を聴いて、ゴロゴロしてた。常に頭の片隅に留年の文字があり、また懲りもせずにTwitterで「留年 確定」と調べたり、母に冗談混じりに「留年のことを思うと気が気じゃない」と言ったりして気を紛らわせていた。不安は口に出さないと落ち着かない。

 

 

3日水曜日

卒業確定!卒業確定!卒業確定!卒業確定!

 

卒業者名簿発表。

2時間前から待ち構えていた。必死になって受験番号を探した4年前の冬を思い出した。

番号があった。卒業できていた。嬉しくて嬉しくて、スクショをして、そのあとも10回くらいわざわざ大学のHPにアクセスして確認しに行った。ありがとう、神様。ありがとう、教授。ありがとう、お母さん。ありがとう、単位を余分に取っといた自分。ありがとう、過剰に心配することで卒業の喜びを倍にした自分。

 

留年で頭がいっぱいだったせいで すっかり忘れていたけど、3月3日はお雛祭り。おかんとお寿司を食べに行った。

毎年割と立派なお雛様を飾っていたのだけど、今年は猫ちゃんのおもちゃになってしまいそうなので飾らなかった。猫的には お雛様の髪の毛の噛みごたえが抜群に良いらしい。

 

 

4日木曜日

スーツに合わせるビジネスバッグを探しに行った。就活は昔earthで買った黒い革のショルダーバッグの肩紐を極限まで短くしてやり過ごしたけど、さすがにちょっとカジュアル過ぎたかも......と思い、ちゃんと買うことにした。遅い。

 

 

5日金曜日

内定先の同期の子とお茶へ。

去年内定先へ行った時に一度で会っただけだったので、どんな子だったっけな......と不安だったけど結構気があった。その子とは配属先が違うけど、研修でしばらく一緒なので とりあえず話せる子ができて心強い。お寺たくさん行こうね〜と約束した。

 

 

6日土曜日

高校からの友達とランチ。

根はかなり真面目なギャル。社会人になったら何を楽しみに生きればいいか分からなくて、絶望してるらしい。でも相変わらずで安心した、お互い地元を離れるので引っ越し前にあと1回は会えるといいな〜。

 

 

7日日曜日

何もしていない。

何もしていなさすぎて記憶がない。

 

 

8日月曜日

何もしていない。

バナナジュースを買って飲んだ。それだけ。

 

 

9日火曜日

母と出かけた。

車じゃなくて公共交通機関に乗って一緒に出かけるのはとても久しぶりで、新鮮だった。

ねこまみれ展なるものが美術館で催されていたので、それを見に行った。昔からネコちゃんは愛されているし、今も昔もねこちゃんを好きな人は狂おしいくらい猫ちゃんが好きなんだね。ねこに支配されている。 

 

 

10日水曜日

大学の友達とお茶。

その子は1年間ワーホリにいっていて、そのあとはコロナでリモートになったので、会うのが2年ぶりだった。久しぶりに会う人にはコミュ障になっちゃうけど大丈夫かなあと思いつつ会ったら、全然大丈夫だった。

その子のワーホリの苦労話を聞いて、自分じゃとてもできないなあと、尊敬。その子が1年間頑張ってる間に私は何もしてないや〜と思ったけど、それはそれで良いや〜。本当に志しの高い子なので幸せになってほしい

 

 

11日木曜日

なにもない。

家にあったもう読まない本と漫画、雑誌をブックオフに売った。段ボール6個分になった。せっかく集めてきた本を売るか売らないか、とても悩んだけど 新居には持っていきたくないし(場所がない)また買って売り上げに貢献したらいいか......と本当にお気に入りのものだけ取っておいて、あとはすべて手放した。カズレーザーも読み終わったらすぐ捨てるって言ってたしね。

 

小6の頃、毎週末BOOKOFFに通っていた。

 

家から自転車で5分くらいのBOOKOFFは、校区外にあって、本当は一人で行っちゃいけないところだった。

その背徳感からか、1人で自転車を漕いでたどり着くBOOKOFFはやけに私をワクワクさせてくれた。狭い店内と独特な匂い、宝探しみたいにお気に入りの漫画を探す楽しさ。当時の私にとっては公園よりも、友達の家よりも、楽しい場所だった。

 

105円の(当時は消費税が5%だった)漫画や小説を毎週5冊ずつ買って、どんどん本棚に漫画が増えていくのが嬉しかった。小学生ながらジャケ買いなんかして、でも読んでみたら全然面白くないことも多々あった(小学生のストライクゾーンは狭い)。流行りの漫画をBOOKOFFで見つけたときはすごく嬉しかった。それも100円のコーナーだとすごく興奮した。

中学に上がってからは、雑誌やムック本を買うようになった。部活の資料用だったとおもう。キャスキッドソンのムック本がすごくかわいくてお気に入りだったことをよく覚えている。中学生の癖にリンネルを買って、素敵な暮らしだなあ〜と憧れたこともよく覚えてる。でもたぶん全部部室に置いてきた。

 

今はもう全然行かないし、なんなら中古の本は買わない。あの独特の匂いも今はなんとなく苦手だ。でも確かに、今の自分の3%くらいはBOOKOFFで買った本が作ってくれてるんだと思う。私の本もまた誰かが読んで、その人の0.7%くらいを作ってくれるといいな。でもやっぱり本は新品で買った方がいいとも思うな。

 

12日金曜日

眉脱毛とまつ毛パーマをかけにいった。

まつパはかなり久しかったんだけど、まつ毛がバッチバチに上がっててやっぱりいいな〜と思った。まつエクよりも自然で好きかも。

0222-0301

 

22日月曜日。

ピアスの穴を開けに行った。

ずーっとピアスNGのバイトをしていたから、タイミングがなく、今だ!!!と思い立った。別にイヤリングのままでもよかったのだけど、この先ちゃんとした質の良いものを身につけるとなると、イヤリングだと落としてしまうなあ、と思って。しかもイヤリングってずっと付けていると痛いし、取っても痛みの余韻が長く続くし。

 

初めての穴あけにドキドキしていたけど、想像していたよりも全然痛くなくて安心した。

まだファーストピアスだけど、やっぱり耳元にキラキラしてるものがあると可愛いね。

 

 

23日火曜日

お母さんからパールのネックレスと、婚約指輪を譲ってもらった。

婚約指輪はもうつけないし、そもそも全然指にはめたことがないらしい。

それと、私が生まれた時に作ってくれたという、小さい指輪(本当に小さい)と私の名前が刻まれた小さい写真立てのセットをくれた。ずっと家にあったみたいだけど、初めて見た。

ダイヤモンドのキラキラしたアクセサリーって、なんとなく力を与えてくれるような気がする。お守りがわりに、全部引っ越し先に連れていこう。

 

 

24日水曜日

入社書類と新居の書類を用意していた。書くものも多いし、コピーするものも多い。新生活の準備って大変だなあ。しかも最悪なことに我が家のコピー機は秋頃にぶっ壊れた。新しいコピー機を兄が購入したものの、私が先代を壊した犯人だと兄の中で確定してるので(間違っちゃいない)、私は使用禁止だ。(言えば使えるけど話しかけたくない)

雪の中わざわざコピーを取りにコンビニに行った。数年前にいちばん近くにあったコンビニが潰れて、うちの最寄りのコンビニは徒歩10分くらいかかる。ちなみに潰れたコンビニはピザ屋になった。便利だったのになあ。

 

 

25日木曜日

おかんとハンバーグを食べに行って、お買い物に行った。行っても特に楽しいことがあるわけではないけど、未だに母の買い物について行ってしまう。

 

26日金曜日

昼間にZOOMで不動産屋さんと書類の読み合わせなどをした。担当の人が女性だったから、その人が来るんだと思ったら、疲れてそうなおじさんが来た。終わったと思ったら、ガスやらなんやらを手配してくれる会社から電話が来て、10分くらいのお電話です〜って言ってたのに1時間くらい掛かった。

 

27日土曜日

高校からのなかよしとご飯。向こうに行っても頑張ってね!とお花をくれた。一緒にいると笑いすぎて顔が痛くなるくらい本当に楽しい人たちで、なかなか会えなくなるのがとっても寂しい。友達が猫を飼い始めたらしく、猫見たい!って言ったら、うち泊まりなよ〜と言ってくれたので泊まりに行った。その友達は実家住みの割にすぐ 泊まる? と言う。

 

28日日曜日

何もしていない。留年しないかひたすら不安で、各所で 「留年 通知」「留年 大学 事前連絡」とか調べてた。あたりまえに大学によって方針が違うので、何も得られなかった。単位の計算をしまくって大丈夫だと安心感を得ても、不安になる。時々めちゃくちゃ心配性というか、いきすぎた心配をしてしまうのが私の短所というか、自分をすり減らしちゃう部分なんだろうな。何度も言うけど自分に関しては、嫌な予感がいっさい当たったことがないことをよく覚えてほしい。わたし。

 

1日月曜日。

3月が始まった。恐れ慄いている。家を出るまで1ヶ月を切ったことにも、引越しの準備をまるでしていないことにも、資格の勉強をしていないことにも。死ぬほど暇なのにどうも何も進められないのは冬だからだと思う。私の部屋は寒いのだ。

今日こそ何かしらは進めるぞ、と思ったもののお昼ご飯を食べたらどうでもよくなって、あたしんチを見ながらゴロゴロしていたら寝落ちしていた。5時間くらい寝ていた。ちゃんとした睡眠じゃん。夜寝られない。また昼夜逆転生活が始まる恐れがある。はあ。

 

私のいいところ(でもあり悪いところ)は、こんなに自分がゴミクズでも何も思わないところだと思う。ゴミクズ生活満喫!◎

0216-0221

 

16日火曜日

成績発表〜〜〜〜〜〜〜。

 

実は、私は2年生までかなり落単している。

(3年以降はゼミの教授に指摘されてフル単を心がけた)

1講チャレンジの失敗と、あ!この講義面白そう!やっぱ面白くねー!もう行かね!(履修取り消ししない)を繰り返した結果だ。

 

4年の後期にして卒研が含まれてるとはいえ、16単位くらい取り残していた。2つ落としてたらアウト。4年間で一番緊張の走る成績発表日だった。

万が一留年したときのシミュレーションをしつつ、成績を確認したところ、フル単だった。成績は今までで一番悪かった。けれど、そもそも落単しまくっていた影響でGPAが低いし、今後どこかに開示することもないので、まあいいか〜とホッとした。

 

ちなみにいうと(無責任なことを言うけど)成績が悪いことで就活において不都合が生じたことは全くないから、すきなよう〜に履修して、すきなよう〜に学べばいいと思う。良いに越したことはないけどね!

 

 

17日水曜日

前日夜に思い立って、美容室を予約した。いつものことだ。

髪のうねりが気になってきたので、縮毛矯正をかけにいった。

 

本当は巷で噂の髪質改善なるものをやってみようと思ったのだけど、調べてみると要は縮毛矯正orトリートメントであるらしいことが分かったので、普通に矯正をかけた。

 

美容室の後、中華を食べようと思っていた筈なのに気がつけば回転寿司におり、たらふくお寿司を食べていた。6皿までが気持ちよく食べられる量らしい。それ以降は「せっかく来たから食べたいもの全部食べなきゃ」という使命感のみで食べることになって、満腹になるしあとあと気分が良くないということが分かった。おいしいものを適量、を心に刻みたい。腹8分目。

 

金曜にデートの予定があったので、いいお洋服が欲しいな〜と思いつつブラブラお店を見ていたけど、全く欲を刺激されなかった。帰るギリギリになって、あ、いいかもっていう服を見つけて、爆速で試着して帰った。

やっぱりお店見て買い物するの疲れるなあ。特に冬は、厚着してるのに暖房がガンガンに効いてて暑い上にコートは重いから、より疲労を感じる。

 

 

18日木曜日

1日家にいた。ヨガやらピラティスをやろうと思っていたら、先日受けた子宮頸がん検診の結果が届いていて、それが早めに再検査したほうがいいかも!みたいな内容だったので不安になって、何もしたくなくなった。

ひたすら調べて、でもやっぱりネットで分かる範囲のことなどたかが知れてるので、どうせ明日病院いくし!と切り替えて、提出する入社書類の準備をしていた。

 

 

 

19日金曜日

朝から婦人科に行った。

昨日のこともあるけど、先日健診と一緒に他の細菌検査などもしていて、それは郵送では結果を知らせることができないらしく、それを聞きに行った。特に問題はなくて、クリーンな状態らしい。とっても安心した。

再検査についても、女性なら誰しも一度はこうなるよ〜大したことないよ〜再検査まで含めて検診ってことだから!と言っていて安心した。

 

病院を出た後、友人の誕生日プレゼントを買いに街まで出て、プレゼントを買ってから本屋のカフェでゆっくりして、ネイルサロンに行った。適当に選んだネイルサロンをチラッと覗くと、おばあちゃんのお客さんしかいない。え、私浮いてる......?と不安になった。実際浮いた。でも爪はとても綺麗になったので満足。

 

それから待ち合わせまで時間があったので、アフタヌーンティーでお茶をして、コスデコで香水を買って、それからデートに行った。バレンタインのブツをあげると、予想外だったらしく、驚いていた。でも喜んでくれたみたいだったのでよかった。彼と会えるのもあと1回くらいかもしれない。寂しいかもしれない。

 

20日土曜日

母兄と焼肉に行った。今週2回目だ。焼肉食べて、お寿司食べて、また焼肉食べて。地球滅亡の前週なのかな?

もう脂!って感じのお肉が好きじゃなくなってきているらしく、ほぼほぼ豚タンしか食べなかった。味覚の変化を感じるこの頃。

 

 

21日日曜日

母とドライブ。目的地が激混みで行けなかった。こういう時、他のお客さんが憎たらしくなって、このご時世にゾロゾロ出掛けやがって!家にいろ!!と思うけど、自分もその一人である。とんだブーメラン。棚上げ女。

 

諦めて違うところに行って、めちゃ美味い塩パンを買って、おそばを食べた。ちなみにお蕎麦は普通だった。割となんでも美味しい!と思う私だけど、今日行ったお蕎麦屋さんばかりは、あ、普通。と感じた。モスバーガーを食べるつもりでいたのに、食べてみたらロッテリアだった。みたいな感じ。ロッテリアの悪口ではない。

0204-0215

 

4日

バイト。暇。

5日

バイト。暇。

 

6日

休み。お世話になったマネージャーが異動するので、彼女へのプレゼントを探しに出かけた。

バイトのおかげで生活リズムが整ったのか、目覚ましをかけなくても8時半くらいには目が覚める。

他社のコーヒーを飲むのにハマってるんだ〜と前に話していたことを思い出したので、コーヒー豆と、合わせたら美味しそうなブラウニーを買った。

 

ちゃんとしてる且つサイズの合うブラが1つしかないことに気がついて、ピーチジョンで下着を買った。

Twitterでバズってたナイスバディブラを買う予定で行ったけど、お姉さんが試着の時にこれもよかったら!と渡してくれたミラクルブラなるものがすごくよかったので、そっちにした。洗濯機で丸洗いできるらしい(とはいえ手洗いは面倒だから全部そうしてる)。

でもやっぱりナイスバディブラもほしいから、お給料でたら買いに行こう。

 

7日

バイト。多分暇だった。

バイト終わり、友達とご飯に行って、ずっと呪術廻戦の話を聞いていた。疲れすぎてあまり楽しめないかも、明日も1日バイトだしお酒も飲まないでおこう......と思ってたけど、すごーく楽しかったし、普通に居酒屋に行っていた。帰ったら、呪術廻戦に関するおすすめツイートがたくさん送られてきて笑ってしまった。

 

8日

バイト。ちょいちょい忙しくなってきたような気がする。帰りに高いプリンを買って帰ったかもしれない。記憶が定かではない。

9日

バイト。朝だけ忙しかった。

 

10日

休み。どうしても欲しいお菓子があった。朝から並んで整理券を貰わないと買えないし、オンラインでの販売も即完売してしまうくらい人気の品物。

10時開店で、11時くらいに買えるかな〜と思いつつデパートに行ったら、案の定もう整理券がなかった。諦めて服でも見て帰ろ〜と思っていたら、7日に遊んだ友達から鬼ほどLINEがきてた。

 

たまたま列に並べたから買おうか?

 

えっ!!!!!!!湧いた。こんな偶然ある?

今私もいるからそっち行くね、と返して会場に行くと確かに友達が並んでた。大感謝。諦めてたお菓子が手に入ってとっても嬉しかった。友達はお母さんと来てたらしく、そのあと友達母にランチをご馳走になって、午後から病院を予約してたので病院まで送ってもらった。何という恩恵。ありがたすぎた。

 

しばらく下腹の痛みが続いていて、嫌な感じがしたので婦人科に行ったのだけど、とりあえずは何もなかった。中学以来ワクチンも打ってないし、ついでにがん検診も受けるにした。初めての婦人科は色々勝手が分からず、困惑した。

 

11日

バイト。ぼちぼち混んできた。

12日

バイト。ぼちぼち混んでる。

13日

バイト。たまーに混む。

14日

バイト。当日だからか、激暇だった。バイトの中で何故か私だけ撤去作業に残され、は???という気持ちでいっぱいだったけど、余ったお菓子がもらえたので全然気にならない、というかむしろプラスの気持ちになった。終わったのは嬉しいけど、みんないい人たちだったから1mmくらい寂しい。

 

15日

ニート生活再開。

とはいえ朝ちゃんと起きるリズムが出来てるので、ちゃんと朝起きて、白湯を飲んで、リーンボディでピラティスをした。

前のバ先の仲良しのお姉さんが占いにいくからついてきて!というので、ひょこひょこ着いていった。人の占い聞くのなんて退屈そうだなあとおもってたけど、聞いてると結構当たってて面白かった。

占いの後、ずっと行きたかったカフェに連れていってくれた。着々と行きたいところリストにチェックがついていくのが嬉しい。帰り際にトイレに行って戻ってきたら、その間にお会計を済ませてくれてた。彼氏か??卒業祝いらしい。

そのあと焼肉とカラオケに行って、それもまた奢ってくれたし、卒業祝いに!とAUX PARADISのフルールをくれた。施しがすごい。

物とかお金が浮いたことが嬉しいって気持ちよりも(もちろんすごく嬉しい)、私のこと考えて選んでくれた時間とか、年下とはいえ私に奢ってくれようとする気持ちが嬉しいよね〜。

社会人になって帰省したら、たくさんご馳走します!って約束した。